爪水虫の症状について

初期症状は爪の先端が白っぽくなったり、爪に白い筋のようなものが見える程度で、見過ごしてしまいがちです。

症状が進行すると、爪全体が丸く盛り上がったような形になり、ちょっとした刺激でポロポロと崩れ落ちるほど脆くなります。この崩れ落ちた爪のカケラがさらに白癬菌をばら撒き、他の指や同居する家族への感染の原因となります。

最初は白っぽかった爪が次第に黄色くなり、茶褐色から黒に変化していきます。自覚症状としてはかゆみから始まり、悪化すると爪の変形に伴なう痛みを感じるようになります。

こうなると、靴や靴下の着脱時にも痛みを感じたり、歩くことにも支障をきたすようになります。

また、もともと糖尿病を患っている人の場合は、爪水虫の発症が足壊疽へとつながり、最悪の場合は下肢切断のリスクを負うことになります。

放置せず、とにかく早めに完治させることが大切です。