ゼニカルとオルリスタットの価格比較一覧表

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
ゼニカル(ニュージーランド製) 168円 15,120円 181,440円
ゼニカル(イタリア製) 138円 12,420円 149,040円
オルリスタット 79円 7,110円 85,320円

上記の価格比較表の通り、先発医薬品のゼニカルと後発医薬品のオルリスタットの価格差は、人気の「イタリア製ゼニカル」でも約1.7倍と大きな開きがあります(※月間費用と年間費用は毎日3食都度1錠を服用したとして計算)。

右端に記載の「年間費用」を見比べるとその差が一目瞭然です。

薬の成分や効果・効能が同じであるなら、やはり費用負担が軽減されるジェネリック医薬品の「オルリスタット」を選択したいところです。以下に、実際にオルリスタットを服用されている方の口コミ体験談をご紹介いたします。

オルリスタットの効果や副作用についての使用体験談

油分の多い食事の後に服用すると、面白いほど排便として油が出ます。カロリーを気にせず、焼き肉や中華料理をたくさん食べられるので重宝しますが、おならをするときなど、気をつけないとパンツについてしまいます。(42歳・男性)

飲んだ次の日は効果がすごくわかります。4年くらい使用していますが、手放せません。痩せはしませんが、太りもしないのはこのおかげだと思っています。(52歳・男性)

デートの前以外は欠かさず飲んでいます。食べた油の量が目に見えてわかるので、自分で調整するようにもなりました。(35歳・女性)

「安い!」だけでオルリスタットを通販するのは危険

先の価格一覧表の通り、先発医薬品でなくジェネリック医薬品であるオルリスタットを選択すると驚くほど治療にかかる費用負担を抑えることができます。

しかしながら、この「安さ」だけを求めてオルリスタットを購入してしまうと、様々なリスクにさらされる危険が伴います。その中で最も怖いリスクは、やはり「健康被害」です。全くのニセモノや有効成分が不安定な粗悪品が医薬品市場に出回っている事実を真剣に考慮しなくてはなりません。

この「健康被害」に対する不安・心配を解消するためには、長く安心してお付き合いのできる販売店をしっかり確保しておく必要があります。購入先を選ぶ際には、まずは信頼の目安となる「第三者機関である薬剤師会の成分鑑定書が公開されているか?」をチェックしてください。

当サイトの価格比較表に掲載しているオオサカ堂は、薬剤師会の成分鑑定書を各医薬品販売ページ別に公開し100%純正品のみを取り扱っているので安心です。

ゼニカルとオルリスタットについての基礎知識

ゼニカルもオルリスタットもどんな薬かわからないという方は以下を参考ください。

先発医薬品のゼニカルとは?

ゼニカルは、スイスの製薬会社Hoffmann LaRoche社が開発し、1998年から販売している医薬品で、ダイエットサプリメントとして世界各国で使用されています。日本ではまだ承認されていませんが、FDA(米国商品医療薬品局)ではすでに認可されています。有効成分はオリルスタットで、摂取した脂質に含まれるカロリーのおよそ30%をカットするというものです。そのため、肥満予防のほか、高血圧や高脂血症などの改善にも効果が期待されます。この成分は、脳や神経に作用する薬ではなく、脂質を分解する酵素に働きかけて、腸内での脂肪吸収を抑制するものなので、頻繁な便意やおなら、軟便といった軽微な副作用のみで、重篤な副作用はいまのところ報告されていません。ただ、脂溶性ビタミンの吸収も妨げてしまうので、ビタミンをサプリメントで補うか、通常の一日摂取量よりも多く取るように心がけたほうがよいです。

後発医薬品のオルリスタットとは?

オルリスタットはインドのCipla社が製造・販売しているジェネリック医療品です。ゼニカルと同様、脂質の吸収を抑制するということで、ダイエッターの間で重宝され、さらにジェネリック品なので、正規品よりも安く手に入れることができます。服用は、脂肪の多い食事をとるときの前か、食事中か、食後1時間以内で、消化吸収されなかった脂質は、便として体外に排出されます。

医薬品名 1錠あたりの薬価 月間費用 年間費用
ゼニカル(ニュージーランド製) 168円 15,120円 181,440円
ゼニカル(イタリア製) 138円 12,420円 149,040円
オルリスタット 79円 7,110円 85,320円