発毛

正しい発毛 ~ 国が認めた唯一の発毛剤と人気ランキングの紹介

頭頂部に髪の毛がないということ

AGA(男性型脱毛症)と呼ばれる薄毛に至る抜け毛のパターンとして、「頭頂部から抜け毛が増えていく」というケースがあります。

生え際(前頭部)からではなく、頭のテッペン(頭頂部)から抜け毛が始まってしまうAGAの怖いところは、なんと言っても自分で確認しずらいという点にあります。

『なんとなく足りない気がする...』で放っておいてしまった結果、ある日写真に写った自分の後ろ姿を見て驚愕してしまう日が来るかも知れません。

そこで、『なんとかして減ってしまった髪の毛を取り戻したい。今からでも、本気で発毛させたい!』という方のために、発毛剤の王道であるロゲインについてご解説させていただきたいと思います。

ロゲインの効果と副作用について

もし、あなたの髪の毛が薄くなってきてからまだ間が無いのなら、ロゲインの発毛効果は十二分に期待が持てます。ですから、頭頂部の髪の毛が減ってきたなと思ったら、まずは迷わずロゲインを試してみてください。

ロゲインの最大の特徴は頭頂部の発毛ですから、もし頭頂部の薄毛を気にしているのなら、何をおいてもまずロゲインを使ってみるのが薄毛克服への最短距離になります。早ければ、数ヶ月程度で発毛の効果が見られる場合も多いです。

ロゲインは用法・容量を守り、頭皮環境を清潔にしてから塗布するということを心がけて使用していれば重篤な副作用が出るお薬ではありません。

しかしながら、「痒み」などを引き起こすことは十分ありえますし、利用者の中には『少しベタベタして不快』という声もあがっています。

また、塗布後の当初1~2週間は一時的に抜け毛が増えることがあります。これは初期脱毛と呼ばれるもので、ヘアサイクルをリセットし新しい頭髪が生えてくる前段階の現象です。ここでは、使用を止めずに様子を見ながら続けてください。

より効率的な発毛を目指して

ロゲインよりも効果が高い発毛剤として、ロゲイン同様の有効成分:ミノキシジルを含有したミノキシジルタブレット(略称ミノタブ)」という錠剤があります。

ミノタブは体の内側から直接作用する内服タイプであるため、塗布タイプのロゲインよりも発毛効果が強く、本格的な発毛を目指している方が選択しているお薬です。

しかし、効果が高い分副作用も強めに出てしまうる方もおられますので、ロゲインで副作用が気になる方には、あまりお勧めできません。

このミノタブの最大の特徴は、頭頂部や後頭部だけでなく、前頭部(生え際のM字ハゲ)にも発毛効果が期待できることです。

したがって、頭部全体の発毛を同時に促したいのなら、ロゲインよりもミノタブの方が効果的となります。また、ロゲインを塗布することで頭部に不快感があらわれた方にも、経口タイプのミノキシジルタブレットならその心配はありません。