爪水虫

爪水虫(爪白癬)を完治させる薬<クリアネイル&チモールリキッド治療法>

爪水虫はなぜ繰り返し再発してしまうのか?

爪水虫を慢性化させてしまっている人達には、ある共通点が挙げられます。それは、爪水虫の原因となる白癬菌の生産源である水虫の方を完治させずに、爪水虫の治療を自己判断により中途半端なところで終えてしまっているという点です。

つまり、爪水虫の症状が消えたとしても、その原因である白癬菌を生み出す水虫を完治させない限り、すぐにまたその菌が爪を侵し、爪水虫の症状を再発させてしてしまうのです。

また、爪水虫は完全に治りきっていない状態でも痒みや痛みの症状は消えるため、その段階で「もう大丈夫!」と勘違いをしてしまい薬の使用を止めてしまい、患部の奥に残っていた白癬菌が再び活発化し症状がぶり返すという場合もあります。

そのため、爪水虫を繰り返さないようにするには、爪水虫の治療と共に水虫の治療も並行して行うだけでなく、体内にある白癬菌を全て殺菌するまで根気よく続けなくてはなりません。以下に、効果的な爪水虫の治し方をご紹介いたします。

爪水虫の治し方はダブル殺菌が基本

爪水虫の治し方としては、内服薬のラミシールによるものと、外用薬の「クリアネイル」と「チモールリキッド」によるものがあります。前者のラミシールは、副作用の危険性も高い非常に強い内服薬です。

そのため、爪の固い組織にも浸透できる外用薬であるクリアネイルとチモールリキッドが開発・販売された現在では、余程のことが無い限り、副作用の強いラミシールを避けた外用薬による治療が主となっています。

このクリアネイルとチモールリキッドの2つの外用薬には、どちらにも爪水虫の原因となる白癬菌を殺菌する成分が含まれています。主な違いとしては、塗布すべき部分です。

クリアネイルは爪の上から、リモールリキッドは爪と皮膚の間から塗布します。クリアネイルは「爪の上から浸透する事」に優れており、対してチモールリキッドはクリアネイルにはない、「皮膚からの高い浸透力」を持っているからです。

よって、この2つの薬を併用することで、白癬菌に侵された爪は内側と外側から両方から治療できるため、1日2~3回塗布するだけで強い殺菌効果を期待でき、大体2~3週間で症状の改善を見込むことができるのです。

使用すべき期間は症状の重さにも拠りますが、クリアネイル使用者の症状完治までの平均期間は3ヶ月程度ですので、例え症状が自覚できなくなっても、白癬菌を完全に除去するためにも最低それくらいの期間は続けることが推奨されます。

しつこい爪水虫の再発を防ぐ方法

クリアネイルとチモールリキッドにより、爪を侵す白癬菌は殺菌できるため、爪水虫の治療は十分可能です。しかし、「もう二度と爪水虫にならずに済む」というところまでいくことはできません。

なぜなら、最初に述べたように、爪水虫の原因となる白癬菌は多くは別所で発症している水虫が感染源となっているからです。つまり、その白癬菌の温床となっている水虫の方もどうにかしなければ、いつまた、爪に白癬菌が感染してしまうかわからないのです。

そのため、この2つの外用薬による爪水虫の治療と並行し、水虫の外用薬「軟膏ラミシールATクリーム」により、水虫自体も治療していく必要があります。これにより初めて、爪水虫の原因となる白癬菌を全て殺菌することができるため、爪水虫の再発を防ぐことができるのです。

また、白癬菌に侵された爪は、通常の場合より厚くなると共に、爪と指の間にボロボロとした爪の残骸が溜まってしまい、この状態で治療薬を塗布しても十分患部に浸透しないため、例え目で見た感じは治っていても、まだ見えない部分に白癬菌が残っている可能性がありますので、爪を削って溜まった残骸を掻き出すようにしてください。

なお、クリアネイル、チモールリキッド、軟膏ラミシールATクリーム、ファンガソープがセットになった「爪水虫と水虫完治セット」もあります。あなたにとって最も効果的な治し方で爪水虫を完治させましょう。

column

HOMEへ戻る